金閣寺

Còn hàng
270.000₫
Mã sản phẩm: Đang cập nhật
Tác giả: Mishima Yukio (三島 由紀夫)
Tình trạng: Còn hàng

Publisher ‏ : ‎ 新潮社 (October 28, 2020)

Language ‏ : ‎ Japanese

Paperback Bunko ‏ : ‎ 400 pages

ISBN-10 ‏ : ‎ 4101050457

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4101050454

Dimensions ‏ : ‎ 5.83 x 4.13 x 0.79 inches

【新装版、新・三島由紀夫】
金閣を焼かなければならぬ――。破滅に至る青年の「告白」。
最も読まれている三島作品。国際的評価も高い。〔新解説〕恩田陸

「美は……美的なものはもう僕にとっては怨敵なんだ」。吃音と醜い外貌に悩む学僧・溝口にとって、金閣は世界を超脱した美そのものだった。ならばなぜ、彼は憧れを焼いたのか? 現実の金閣放火事件に材を取り、31歳の三島が自らの内面全てを託した不朽の名作。血と炎のイメージで描く〈現象の否定とイデアの肯定〉──三島文学を貫く最大の原理がここにある。
巻末に用語、時代背景などについての詳細な注解、佐伯彰一、中村光夫、恩田陸による解説、さらに年譜を付す。

【本文冒頭より】
幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。
私の生れたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。父の故郷はそこではなく、舞鶴東郊の志楽(しらく)である。懇願されて、僧籍に入り、辺鄙(へんぴ)な岬の寺の住職になり、その地で妻をもらって、私という子を設けた。
成生(なりう)岬の寺の近くには、適当な中学校がなかった。やがて私は父母の膝下(しっか)を離れ、父の故郷の叔父の家に預けられ、そこから東舞鶴中学校へ徒歩で通った。……(「第一章」)

三島由紀夫(1925-1970)
東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、54年『潮騒』(新潮社文学賞)、56年『金閣寺』(読売文学賞)、65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。70年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。
 

 Áp dụng với đơn thanh toán trước.

FREESHIP ĐƠN TỪ 500.000 VNĐ

Áp dụng với đơn thanh toán trước.

HỖ TRỢ THANH TOÁN COD

Facebook Hép Bookstore Messenger Hép Bookstore
Danh sách so sánh

Giỏ hàng